*

Xcode&Objective-Cのまとめエントリー

公開日: : 最終更新日:2014/11/21 Objective-C ,


スポンサードリンク



エントリーもまずまず揃ってきたので、まとめのエントリーを作成しておこうと思います。
基本的には、各エントリーへのリンクが存在していて、その後にそのエントリーの簡単な説明と、そのエントリーで取り扱う内容の概要を記載しておりますので、実際のアイフォン等のアプリ開発にお役立ていただければ幸いです。

基本的な使い方

プロジェクトの作成方法とエリア名の説明

Xcodeの使い方

関連のエントリーで1番最初に作成した物です。タイトルと中身が乖離していますが・・・
起動後の新規プロジェクトの作成手順とXcodeの各エリアの名称を説明しています。
また、各エリアの利用方法へのリンクも含まれています。

各エリアの利用方法

「ツールバー」

「Xcodeの使い方[ツールバー]」

アプリ開発には必要不可欠な「ツールバー」の利用方法を説明したエントリーです。

「ナビゲーションエリア」

「Xcode5のナビゲーションエリア[プロジェクト、シンボル、検索]の使い方」

ナビゲーションエリアで最も利用される「プロジェクトナビゲータ」をはじめ「シンボルナビゲータ」、「検索ナビゲータ」の利用方法の説明を記載したエントリーです。
「プロジェクトナビゲータ」はアプリ開発には必要不可欠な物です。


「Xcode5のナビゲーションエリア[問題ナビゲータ]の使い方」

ナビゲーションエリアでは、「プロジェクトナビゲータ」に次いでよく利用される「問題ナビゲータ」の利用方法の説明を記載したエントリーです。
「問題ナビゲータ」には、コンパイルエラーや警告、及びユニットテスト(UnitTest)の失敗情報が表示されますので、アプリ開発時に頻繁に利用するナビゲータと言えます。

「エディタエリア」

「Xcodeの使い方[エディタエリアのJump BarのThe related items menu]」

エディタエリア内の各部の名称とJump Bar内の「The related items menu」の利用方法の説明を記載したエントリーです。
エディタエリアで開いているファイルに、何らかの関係があるファイルを開くのに便利な機能です。

「Xcodeの使い方[エディタエリアの環境設定]」

エディタエリア内の「Jump Bar」(「The related items menu以外」)の説明と、Xcode5のメニュー「Preferences:環境設定」画面の「Text Editingタブ」、「Fonts&Colorsタブ」の利用方法を記載したエントリーです。

「Text Editingタブ」では行番号の表示/非表示の指定、コード補完一覧の自動表示の表示/非表示の指定等、コードエディタの動作のカスタマイズを行えます。
「Fonts&Colorsタブ」では、コードエディタで表示されるフォントサイズや、各種文字色等のカスタマイズが行えます。

「Xcodeの使い方[エディタエリアのテキストエディタ]」

「テキストエディタ」の基本的な使い方と「テキストエディタ」の便利な使い方を記載したエントリーです。

「ユーティリティエリア」

「Xcodeのユーティリティエリアの使い方[ソースファイル表示時]」

「Xcodeのユーティリティエリアの使い方[ストーリーボード表示時の「File」,「Quick Help」,「Identity」]」

Xcodeのユーティリティエリアの使い方[ストーリーボード表示時の「Attributes」,「Size」,「Connections」Inspector]

画面コンポーネントの基本

Storyboard

「Xcode5でEmpty Application templateでStoryboardを利用する。」

エントリーのタイトルそのままですが、プロジェクト作成時にはストーリーボードを利用しないアプリを、ストーリーボードを利用して動作するアプリに変更する方法を説明したエントリーです。

実際のアプリ開発では、そんな回りくどい事はしない(プロジェクト作成時にストーリーボードを利用するテンプレートを選択)でしょうが、ストーリーボードを利用したアプリがどのような動作をしているかがある程度理解できると思います。

画面コンポーネントを利用するための基本

「Objective-Cにおける@PropertyとIBOutlet」

近日作成予定

「Xcode5で画面コンポーネントを利用するための基本」

Xcodeのストーリーボードに画面コンポーネントを配置し、ViewController.m等の実装ファイルから画面コンポーネントの値を参照や変更、及びイベントハンドラー(ボタンクリック時のアクション等)の登録を行うための基本を記載しています。

「Xcode5でInterface Builderの接続状態の確認と切断を行う。」

Xcode5で任意の画面コンポーネントに対するInterface BuilderのEventやOutletの接続状態の確認と、その切断を行う方法を記載しています。

各画面コンポーネントの利用方法

Xcode5でイメージ(画像)を表示&操作する[前編]

UIImageViewとUIImageを利用してイメージ(画像)の表示方法を説明したエントリーです。

Xcode5でイメージ(画像)を表示&操作する[前編]

UIImageViewの初期表示時には1が書かれた画像を表示し、UIImageViewをタップする毎にイメージの数値が1ずつ増えて行き、5の状態でタップすると1になるとの簡単なアプリの開発方法の説明を記載したエントリーです。

Objective-C(Xcode)でイメージのアニメーション表示を行う。

アニメーション表示を行うためのAPIやUIImageのプロパティの説明を行い、実際にスロットマシンの様なアプリを実装する過程で、アニメーション処理の実装の説明を行うエントリーです。

Xcode5で画面にナビゲーションバーを配置して利用する。

ナビゲーションバーといえば、一般的には、ナビゲーションコントローラーとの併用します。
本エントリーでは、ナビゲーションコントローラーと併用しない時のナビゲーションバーの利用方法、特にボタンの配置方法を説明したエントリーです。

Xcode5で画面にツールバーを配置して利用する。

iOSでは、ボタン配置エリアとしてナビゲーションバーと双璧をなすツールバーの利用方法を説明したエントリーです。

Xcodeで「Single View Application」テンプレートでナビゲーションコントローラを利用する

iPhone、iPadアプリで画面遷移と言えば「ナビゲーションコントローラ」は必要不可欠な物です。本エントリーでは、「Single View Application」テンプレートに「ナビゲーションコントローラ」を追加し、画面遷移を行えるようにする方法を説明しています。

UITableViewでUINibを使ったカスタムセル(UITableViewCell)を利用する方法

UITableViewのカスタムセルをUINibで実現する方法を説明しています。

Auto Layout

Auto Layoutの基礎知識と制約の設定方法

以下のエントリーを見ていただければ、「Auto Layout」を利用するために必要となる全種類の制約の設定方法が理解できます。

Xcode5の「Auto Layout 」機能の使い方[基礎知識と制約(Align)の設定方法]

Xcode5で「Auto Layout」を利用する上で必要となる基礎知識とAlign:アライメント系の制約の設定方法を記載したエントリーです。

Xcode5の「Auto Layout機能」の使い方[Pin制約の設定方法]

Xcode5で「Auto Layout」を利用する上で必要となるPin:固定幅設定系の制約の設定方法を記載したエントリーです。

「Xcode5の「Auto Layout」機能の使い方[簡単な画面レイアウトを構成してみる。]」

Xcode5で「Auto Layout」を利用して、Pin制約とAlign制約を追加し、実際に簡単な画面レイアウトを構成する方法を説明したエントリーです。

「Xcode5の「Auto Layout」機能の使い方[制約の編集方法]」

既に追加された制約の編集方法を記載したエントリーです。

 

ユニットテスト(UnitTest)関連

ユニットテスト(UnitTest)の基本

「Xcode5でUnitTestを利用してみる。」

Xcode5でユニットテストの基本的な利用方法を記載したエントリーです。Xcode5から新規追加されたXCTestテストフレームワークを利用しています。

ユニットテストで文字列処理を確認


「Xcodeの使い方(文字列処理)をユニットテスト(XCTestテストフレームワーク)で確認する。[NSStringの定義、分割、検索]」

NSStringの利用方法のうち、定義、分割(componentsSeparatedByStringメソッド)、検索(rangeOfString)の処理をユニットテスト(XCTestテストフレームワーク)形式で確認するエントリーです。


「Xcodeの使い方(文字列処理)をユニットテスト(XCTestテストフレームワーク)で確認する。[NSStringの比較]」

NSStringの利用方法のうち、比較処理に関するエントリーです。
取り扱っているのは、isEqualToString、caseInsensitiveCompare、compare、hasPrefix、hasSuffix
の各メソッドです。各メソッドをユニットテスト形式で確認しています。

Xcode&Objective-Cの文字列処理をユニットテスト(XCTestフレームワーク)で確認する。[NSStringを数値に変換する方法]

タイトルのまんまですが、色々なNSStringを数値に変換する処理に関するエントリーです。
基本的なところでは、intやdouble、それに何故かBOOLにも変換しています。
応用的なところでは、カンマでフォーマットされた数値の文字列、例えば123,456を数値に変換する処理や
16進数の数値の文字列を数値に変換する処理を説明しています。

マルチスレッド(非同期)処理

マルチスレッド処理の概要

「iOS(Xcode6)におけるマルチスレッド処理の実装方法[iOSのマルチスレッド処理の概要]」

NSThreadクラスを利用したマルチスレッド処理

「iOS(Xcode6とObjective-C)におけるマルチスレッド処理の実装方法その1[NSThreadクラスの簡単な利用例]」

「iOS(Xcode6とSwift)におけるマルチスレッド処理の実装方法その1[NSThreadクラスの簡単な利用例]」

GCD(Grand Central Dispatch)を利用したマルチスレッド処理

「iOS(Xcode6とObjective-C)におけるマルチスレッド(非同期)処理の実装方法その2[GCD(Grand Central Dispatch)の利用] 」

「iOS(Xcode6とSwift)におけるマルチスレッド(非同期)処理の実装方法その2[GCD(Grand Central Dispatch)の利用] 」

その他

Scheme

「Xcode5でSchemeを利用する。[前編]」

SchemeとTaargetの作成、編集に関するエントリーです。

「Xcode5でSchemeを利用する。[後編]」

実行ボタンとSchemeの関係、実行ボタン長押し時の動作の説明、Schemeの管理画面の説明を含むエントリーです。

コールバック処理を@Selectorで実現する方法

コールバック処理の説明と@Selectorを利用したコールバック処理の説明を含むエントリーです。

ショートカットキー

「 Xcode5を軽快に利用するためのショートカット[基本編] 」

利用すると、アプリ開発時の生産性アップ間違いなしのショートカットキーの説明を含むエントリーです。

プロジェクトへのイメージファイルやフォルダの追加

Xcode5のプロジェクトへのファイルやフォルダの追加方法

Xcode5のプロジェクトへのファイルやフォルダの追加方法を説明したエントリーです。

デリゲートとプロトコル

Xcode(Objective-C)のデリゲートの使い方[前編]

Objective-Cにおけるデリゲートの概念的な説明と、UIAlertViewDelegateを実例とした利用方法を含むエントリーです。

Xcode(Objective-C)のデリゲートの使い方[後編]

プロトコルの説明を行った後、実際にプロトコル定義を行い、デリゲートとして利用する例を含むエントリーです。


スポンサードリンク

Googleアドセンス

Googleアドセンス




関連記事

Xcodeの使い方[エディタエリアのテキストエディタ]

「Xcodeの使い方」に引き続き「 Xcode5のエディタエリアの使い方[テキストエディタの使い方]

記事を読む

Xcode5の「Auto Layout」機能の使い方[簡単な画面レイアウトを構成してみる。]

「基礎知識と制約(Align:アライメント)の設定方法」 で「Auto Layout」機能の利

記事を読む

Xcode5でSchemeを利用する。[後編]

「Xcode5でSchemeを利用する。」の続きの「Xcode5でSchemeを利用する。[後編]」

記事を読む

Xcode5の「Auto Layout」機能の使い方[制約の編集方法]

Xcode5の「Auto Layout」機能の使い方と Xcode5の「Auto Layout

記事を読む

Xcodeのナビゲーションコントローラの使い方[「Single View Application」テンプレートからナビゲーションコントローラを利用する方法]

「Master-Detail Application」テンプレートを利用すれば、始めから「ナビゲーシ

記事を読む

Xcode5で画面コンポーネント(UIコンポーネント)配置して利用するための基本

iOSアプリケーションは当然ですが、画面がありますよね。 言わずもがなですが、iOS向けのアプ

記事を読む

Xcode5でイメージ(画像)を表示&操作する[後編]

Xcodeでアプリ開発を行う時に、イメージ(画像)の表示とイメージ操作時のイベント処理は必須とまでは

記事を読む

Xcode5でInterface Builderの接続状態の確認と切断を行う。

「Xcode5で画面コンポーネントを利用するための基本」で本来説明すべき内容でしたが あちらのエン

記事を読む

Xcodeの使い方[エディタエリアのJump BarのThe related items menu]

Xcode5(iOS7対応バージョンの統合開発)の「エディタエリア」の使い方のエントリーとなります。

記事を読む

Xcode5&Objective-Cでセグエを利用して画面遷移を実現する。[後編:データのやり取り]

では、セグエを利用した画面遷移を実装しました。 後編では、各画面間でデータのやり取りを行えるよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画で英語を学習できるiOSの無料アプリCapTubeをリリースいたしました。

個人では初となるiOSアプリをリリースいたしました。 何度もリジ

no image
Ruby on rails4系でBootstrapを利用するためのtips

MacでRuby on rails4系のBootstrapを利用しよう

no image
Java、Eclipse、JUnit関連のエントリーの移行のお知らせ

Java、Eclipse、JUnit関連のエントリーは http:/

iOS8開発者向けお勧め本紹介[詳細! Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応]

iOS7開発者向けお勧め本紹介を以前に紹介させていただきまいたが、今回

Swift入門(Xcode6のXCTestフレームワークで学ぶ) 第二回「関数(メソッド)とクロージャーの利用方法」

前回はSwiftの概要をザックリと説明させていただきました。 今

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑