*

Titanium Mobile入門【TiShadow導入編】

公開日: : 最終更新日:2014/05/12 Titanium , ,


スポンサードリンク



  • Androidだと格段に作業が早くなる。
  • 複数のエミューレータで同時にテストを実行できる

TiShadow の詳細は公式サイト を参照ください。TiShadow のサーバプロセス(常駐)を介してエミュレータでのアプリの動作とJasmineのテストケースの実行が可能になります。 繰り返しになりますが、複数のエミュレータがサーバプロセスに接続している場合は、一回のテストで全てのエミュレータの動作の検証ができます。 今回の作業の流れは以下のようになります。

  1. TiShadowのインストール
  2. エミュレータをTiShadowサーバに接続するためのアプリの作成
  3. エミュレータをTiShadowサーバに接続

 

1.TiShadowのインストール

すでにTitanium CLI の環境ができているのであれば、コマンドプロンプトから

を実行するとインストールが実行されます。完了するまでに少し時間がかかります。 なお、Titanium CLIの環境構築については 「Titanium Mobile入門【導入編】」 「Titanium Mobile入門【導入編 on Mac】」 「Titanium Mobile入門【CLI激闘編】」 を参照ください。 完了後にサーバの起動ができることを確認します。これもコマンドプロンプトから以下のコマンド実行するだけです。

サーバプロセスは常駐しますので、コマンドプロンプトが以下の状態になればOKです。 tishadwoサーバ起動

2.エミュレータをTiShadowサーバに接続するためのアプリの作成

これもコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行するだけですが、先に該当のディレクトリを作成しておく必要があります。 なお、作成する場所はD:\titanium\tishadowappとしていますので、実際に作成される場所に読み替えてください。

これでTiShadowのサーバ接続アプリが作成されました。 次に設定を行います。 D:\titanium\tishadowapp\tiapp.xmlのsdk-version(sdk-versionタグの値)を利用しているTitanium SDKのバージョンに変更します。

3.エミュレータをTiShadowサーバに接続

コマンドプロンプトを起動しD:\titanium\tishadowappに移動した後

を実行して接続アプリを起動します。 しかし、com.google.android.mapsがインストールされていないとのエラーが出てうまくいかないはずです。 うまくいく場合もしくは、環境もあるのでしょうか・・・ うまくいかない場合はD:\titanium\tishadowapp\build\android\AndroidManifest.xmlを D:\titanium\tishadowapp\platform\androidフォルダにコピーして コピー先のAndroidManifest.xmlの一部をコメントアウトします。

AndroidManifest変更部分

再度実行するのですが、一度cleanにしてからビルドします。 まだよく理解できていないのですが、titaniumがいろんな物をキャッシュしているみたいで、設定の様な物を変更したときはtitanium cleanを実行するべきです。まあ単純に動かん?、なんで??って時にもですけど・・・ 話は変わりますが、キャッシュは高速化には欠かせませんね、でも業務アプリだとダーティなキャッシュを表示しているのでこうなるんですよ!、なんてことは言えても、更新時のチェックは必須ですよね・・・、テスト結果の再現性の担保という意味では、Titanium CLIのテスト実行時にはcleanをはさむことが必須なような気がします。

これでコンパイルの実行、エミュレータの起動、接続アプリのインストールと実行が行われ、以下の画面が表示されます。
接続画面

どうやらAndroidエミュレータでは、localhostや127.0.0.1をエミュレータ自身のローカルループバックとして認識するらしく、Windowsで起動しているTiShadowには接続できないようです。ちなみにiPhoneはいけるみたいですね。 ということで、テキストボックスに自マシンのIPアドレスを入力して「Connect」ボタンをクリックします。 うまく接続できると以下の画面に変わります。
接続後画面
TiShadowのサーバプロセスを起動しているコマンドプロンプトにも接続されたとの情報が表示されます。
tishadwoサーバ接続後

以上でTitanium、JasmineによるBDDが実施できる環境の作成が完了しました。 実践的な利用方法につきましては「 Titanium Mobile入門【TiShadow活用編】


スポンサードリンク

Googleアドセンス

Googleアドセンス




関連記事

Titanium Mobile入門【導入編】

スマホでアプリを開発すべくTitanium Studioの動作環境を作成し、Default Allo

記事を読む

Titanium MobileのAlloyにおけるUIコンポーネントの配置【前編】

Titanium MobileでAlloyフレームワークを利用する時に避けて通れないのがUIコンポー

記事を読む

TitaniumのTableViewを試してみる【何故か後編】

「TitaniumのTableViewを試してみる【何故か前編】」では、予想に反してiOSシュミレー

記事を読む

Titanium MobileのAlloyにおけるUIコンポーネントの配置【後編】

Titanium MobileのAlloyにおけるUIコンポーネントの配置【前編】 に引き続き T

記事を読む

Titanium Mobile入門【導入編 on Mac】

いよいよTitanium Mobile入門【導入編 on Mac】です。 Titanium Mob

記事を読む

TitaniumのTableViewを試してみる【何故か前編】

Mac miniの環境が完成したので、新たなTitaniumを利用したBDDシリーズを開始する予定で

記事を読む

no image

Titanium Mobile入門【TiShadow活用編】

「Titanium Mobile入門【TiShadow導入編】」ではTiShadowの導入と接続用の

記事を読む

Titanium Mobile入門【CLI激闘編】

Titanium Studioの環境できたので、次はCLI!、と思いCLIでビルドするとうまくいかな

記事を読む

no image

Titanium mobileでiPhoneのNavigationBarを利用する。

Titanium mobileで基本的な画面遷移を試そうと思い、画面遷移のイベントを仕込むボタンをど

記事を読む

Titanium Mobile応用【JasmineとTiShadowでBDD編:対象アプリ説明】

本格的にTitanium Mobile CLIを利用してBDDを行いたいと思います。 まずは、計算

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画で英語を学習できるiOSの無料アプリCapTubeをリリースいたしました。

個人では初となるiOSアプリをリリースいたしました。 何度もリジ

no image
Ruby on rails4系でBootstrapを利用するためのtips

MacでRuby on rails4系のBootstrapを利用しよう

no image
Java、Eclipse、JUnit関連のエントリーの移行のお知らせ

Java、Eclipse、JUnit関連のエントリーは http:/

iOS8開発者向けお勧め本紹介[詳細! Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 1.1+Xcode 6.1+iOS 8.1対応]

iOS7開発者向けお勧め本紹介を以前に紹介させていただきまいたが、今回

Swift入門(Xcode6のXCTestフレームワークで学ぶ) 第二回「関数(メソッド)とクロージャーの利用方法」

前回はSwiftの概要をザックリと説明させていただきました。 今

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑